日進アリオとドミナント戦略

日進アリオの野望が凄いの、思い切ったビジネス戦略に頭が下がる想い。

敷地面積45,000m2と中規模で、充分な駐車場を確保できない赤池駅前というロケーションに
ショッピングモールを作って儲かるの?と最初は心配していた。

イオンモールが鉄壁の布陣を敷いている名古屋近郊に、
いまさらセブンイレブン・イトーヨカドーグループの日進アリオが切り込んでも勝ち目はあるのかな?
その不思議の謎を解くキーは「ららぽーと東郷」にある、というのがわたしの金言。


日進アリオとドミナント戦略


そうね、日進アリオだけでは、イオンモールの牙城の一角を崩すことは困難。
でも、ららぽーと東郷と組むことで、風穴をこじ開けるができるはず

南関東で強力なドミナント戦略を取っているイトーヨカドーさん、それは東海地方にも店舗はあるけど、
いきなり大型モールのアリオブランドを投入するのには、物流問題がネックになるはずなの。

イトーヨーカドーさんと物流提携をしている三井物産、
その三井系列の三井不動産が手掛けるのがららぽーと東郷
もっと言えば、長島のジャズドリームって、三井グループのアウトレットなの。

そこに考えがたどり着いたとき、わたし、思わず手を打って納得しちゃった。
日進アリオって、ひょっとして、ららぽーと東郷ができることを見越して先行出店するのでは?

単独ではイオンにもユニーにも太刀打ちできなくても、三井系との物流同盟を活かして、
名古屋東部にアリオ・ららぽーと無敵地帯を作り上げる壮大な画策をしているのではなくて?

まずは日進アリオ・ららぽーと東郷の2拠点から始めて、そのうち東海地方を次のドミナント戦略のターゲット
としているのであれば更に面白くなる。

全国制覇を目指す王者イオンモールに、一点集中のドミナント戦略が挑むと、どちらが勝つのかしら?
どれもわたしの空想だけど、日進アリオのビジネス戦略を考えるだけで、なんだか武者震いがしてくるの。

 




セブンイレブンモール赤池

アリオ赤池がオープンセールで、どんな妙技を繰り広げてくるか、戦々恐々とする毎日。

弱小リテール店として細々と営業する私のお店、アリオ赤池さんに仕事を奪われるのも覚悟している。
好評なセブンイレブンブランドの商品を、アリオ赤池さんがセールで出して来たら人気になるに違いない。

コンビニなら割引セールは少ないけど、アリオ赤池さんならイトーヨーカドー商品とセブンイレブン商品
SEIBUにSOGO、Loftまで、セブン&アイホールディングスの営業力の粋を出して来たら、天下無双。

アリオっていうショッピングモールの名前はまだ知られていないから、そこだけが惜しい気もする。
単純に「セブンイレブンモール赤池」ってなったら、もうネームバリューあり過ぎでしょ。


セブンイレブンモール赤池


東海地方にショッピングモール4すくみ構図が出来上がるみたい。
地場で仕切っているユニー、全国展開のイオンモール、新鋭のららぽーと、そしてアリオ赤池。
競争が多いのは良いことね、消費者に選択肢が増えて、お店同士で競争が生まれてより良い物がより安く

そんな能天気なことを言えるのも、消費者サイドから見た時だけ。
ウチのような中小リテール店は存続の危機に立たされる、
どうやったら自店舗にプラスアルファーの価値を付与できる?

セブンプレミアムブランドの商品が好き。
ドライブしていて、立ち寄りたいコンビニはどこかって、セブンイレブンを真っ先に挙げる。

その商品がアリオ赤池のスーパーマーケットに並べられているとしたら、
今まで通っていた近場スーパーを止めて、毎日の生鮮食品を買うのもアリオ赤池になりそう。

それだけの魅力をアリオ赤池は湛えているということね。

 




日進アリオ 赤池駅

そういえば、間もなく日進アリオがオープンするな。
名古屋・栄で終電まで飲んで、地下鉄鶴舞線で家まで帰る電車の中。

終電に乗っている人は様々で、パーティーの酔いを感じさせる会社員仲間たち、
静かなOLさんが黙ってスマートフォンを見ていたり、何故か主婦・学生風の人もいる。

いつものように多種多様、不思議な終電か。

赤池が終点駅になる電車だから、みなさんのご自宅は赤池だろうか。
だったら退屈な車内のひまつぶし、赤池ヒルズへの期待の声を募ってみたい。

日進アリオにどんな店舗が入ったら嬉しいのか、アンケートとか取ったら楽しいかな。
見知らぬ人たちにそんなことをしたら、終電のヘンタイ扱いだから、実際にはできないけど。

ひと駅ごと、車内の人数がごっそりと減っていく、赤池駅はもう少し先なのに


日進アリオ赤池駅



日進アリオは赤池駅に隣接はしていなく、徒歩3分というところか。
日進市による大規模再開発によって、赤池駅前は大きく生まれ変わる。

赤池ヒルズにできると言われる数多くの新興住宅地、
その人口増加でこの終電でも赤池駅で降りる人が増える?

地下鉄鶴舞線と、地上の名鉄の境目が、赤池駅。
僕たちの終電は間もなく暗闇のトンネルを抜けて、光の溢れる地上に出る

日進アリオはその境界線のシンボルになる、赤池駅自体はまだ地下で、その先から地上。
家路を急ぐ赤池住人たち、日進アリオのオープンを心待ちにしている想いは一緒に違いない。

 





1